「お任せ下さい」の女性

kubernetesを含むOSS全般を利用する際に注意すべきこと

オープンソースソフトウェアを略してOSSと言いますが、これは無償で提供されているソフトウェアを意味します。プログラミング言語のJavaやWebブラウザのFirefox、kubernetesなどが知られていますが、無償で提供されているからといってなんでも自由に利用して良いというわけではありません。OSSごとに個別のライセンスが宣言されているので、利用にあたってはそのライセンスに準拠した利用が求められます。利用するユーザーは、まずライセンスを確認しましょう。ライセンスも多くの種類があり、中には使用目的を限定していることもあるので、企業が商業目的で使用する際などには注意が必要です。そして、無償で提供されているソフトウェアが、すべてOSSとは限らないということも覚えておきましょう。「OSS」と明記されていないものは、例え無償で手に入れることができたとしても自由に改変や再配布することができません。また、OSSを改変して再配布しているものについてもOSSとなりますが、こちらは派生物とされています。OSSライセンスにおいて「改良や再配布された派生物も、もとの著作物と同じ条件で配布しなければならない」とされているので、予め覚えておくと良いでしょう。

ピックアップ

  • kubernetesなどのOSS導入でコードを書く手間が減る!

    ソフトウェア開発で一番難易度の高い作業が新規コードの開発です。前例のないところから新たにコードを作るには高度な専門知識と経験が必要です。新規にコードを作成しても、実装してみたら上手く動かないというのはよくある話です。コードの検証と修正…

    more
  • kubernetesを含むOSS全般を利用する際に注意すべきこと

    オープンソースソフトウェアを略してOSSと言いますが、これは無償で提供されているソフトウェアを意味します。プログラミング言語のJavaやWebブラウザのFirefox、kubernetesなどが知られていますが、無償で提供されているか…

    more

トピックス

  • ソフトウェア開発を簡単にしてくれるkubernetes等のOSS

    ソフトウェア開発の現場でも多く使われているオープンソースソフトウェアとは、ソースの改変だけでなく再配布まで認められている無料のソフトウ…

  • エンジニアや企業はなぜkubernetes等のOSSを公開する?

    エンジニアや企業にとって、自ら開発したソフトウェアというのは大きな財産となるものです。そんな財産ともいえるソフトウェアを、改変・再配布…

新着情報リスト